チャット受付中だぴょん。
気軽に話しかけてね!

Efforts to achieve the SDGs

SDGs達成に向けた取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標です。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
マケレボではSDGsの達成に向け、地域社会と共に持続的に成長し、事業活動を通じて取り組みを行ってまいります。

SDGsへの取り組み

マケレボではグループ全体での取り組みとして、2021年度より「SDGs事業認定」を取得しています。
「SDGs事業認定」は、一般社団法人 日本SDGs協会が、各企業・団体が実施しているSDGsに対する取り組みを民間の第三者として審査し、信用を保護する認定制度です。
SDGsの17の目標のうち、グループでは8つの目標に向けた取り組みで認定を受け、活動を行っております。

  • 目標3 あらゆる年齢のすべての人々の
    健康的な生活を確保し、福祉を推進する

    全従業員が心身ともに健康で安心して業務を遂行し、最大のパフォーマンスを発揮することが企業の発展につながると考え、健康経営に取り組んでいます。
    全従業員が参加できる社内公式サークル「アオハル制度」の実施など、仕事をしながらも健康経営を従業員にとって当たり前に意識できるような内容を計画しております。

  • 目標5 ジェンダーの平等を達成し、
    すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

    積極的に多様な人材を受け入れ、本人はもちろん、周囲で働く従業員もお互いの価値観や境遇を尊重して働くことができる環境づくりに努めております。
    また、2019年より発足した女性活躍推進プロジェクト「kirari」では、女性のライフプランに応じたキャリアサポートについて女性社員自らが考えて提案する仕組みの構築を目指します。

  • 目標7 『エネルギーをみんなに そしてクリーンに』

    再生可能エネルギーの積極的な活用により、オフィス及び事業活動におけるライフサイクル全体で排出される温室効果ガス削減、省エネルギー、環境汚染の予防、生物多様性の保全や廃棄物削減等を推進してまいります。

  • 目標8 すべての人々のための包摂的かつ持続可能な経済成長、
    雇用およびディーセント・ワークを推進する

    残業抑止のため、残業をする際には事前に申請をし、さらに上長の承認が必須というルールの運用を徹底しています。
    また、有給の取得状況を人事で確認し、毎月全社員に配信することで有給消化促進に努めています。

  • 目標10 すべての人々に平等な採用・評価を推進する

    多種多様な採用を目指します。コールセンターがメインということもあり非対面業務の特性を活かし、国籍、人種、年齢、性別、性的指向、性自認、学歴、宗教、思想信条、身体条件等に関わりなく、多様性を尊重し、これらに基づく差別及び評価の判断基準と致しません。

  • 目標12目標15 『つくる責任 つかう責任』『陸の豊かさも守ろう』 目標12『つくる責任 つかう責任』 目標15『陸の豊かさも守ろう』

    石灰石でできた名刺を利用することで、紙の原料である樹木の伐採を回避し木材資源使用量の削減に努めています。
    また、製造過程でほとんど水を必要としないため、水資源消費量の削減にも貢献しています。

  • 目標17 『パートナーシップで目標を達成しよう』

    未来を担う高校生の視点でSDGs施策を企画・提案する探求型学習の場を提供し、「だれひとり取り残さない」幸せな社会構築に貢献するという目的で開催された「第1回全国高校生SDGs選手権2020」に参画しました。
    関西学院千里国際高等部の生徒さんと事業内容に基づいたSDGs施策をディスカッションし、2022年4月に世の中の様々な偏見根絶に向けたSDGs啓発イベント「レインボーウィーク2022」を開催。今後も様々な活動を通じ取り組みを続けてまいります。

誰もが活躍できる
社会の実現を目指して

マケレボは、ctc(中部テレコミュニケーション株式会社)が運営する「コミュファeSports Stadium NAGOYA」のスポンサー契約を通じて、誰もが活躍できる社会の実現を目指し、地域活性化への貢献に寄与するとともに、従業員一人一人が、やりがいをもって楽しく長期にわたり勤務できる環境整備に取り組み続けてまいります。

スポンサー契約について コミュファeSports
Stadium NAGOYA

eスポーツは年齢、性別、地域、国籍、障がいなどを超えるダイバーシティ&インクルーシブなスポーツです。
中部地域初のeスポーツ施設であるコミュファeSports Stadium NAGOYAは、誰もが活躍できる場所、橋掛けとなる唯一無二の場所としてSDGsに該当する様々な活動に取り組んでおり、マケレボはその活動を支援し、共に取り組みを進めてまいります。

公民連携プロジェクトへの参画

マケレボは、各自治体の設置する公民連携プロジェクトに参画しています。
これからもSDGsの達成に向けた取組を推進し、すべてのステークホルダーとともに持続可能な社会を目指します。

大阪府「私のSDGs宣言プロジェクト」

https://www.pref.osaka.lg.jp/
kikaku_keikaku/sdgs/

OSAKAゼロカーボンファウンデーション

https://ozcaf.jp/

OSAKA KOUMIN

https://koumin.osaka/

Well-Being OSAKA Lab

https://wellbeing-osaka-lab.com/